MENU
フランス語

カフェやバーなどの店名に使えるおしゃれなネーミング方法(フランス語)

店名のネーミングのやり方おしゃれなフランス語のレストランやカフェの例
カテナ
カテナ
ちょっとおしゃれなガレットのお店なんかを出してみたいな〜

とただ妄想にふけって、お店の名前なんかを考えたりしている私ですが…

実際にカフェやレストランなどの開店を計画し、ネーミングをどうしようかと考えてらっしゃる方に参考になるかなと思い、ちょっと気になるフランスのレストランなどお店の名前について紹介したいと思います。

良いネーミングのポイントといえば、

  • 難し過ぎない店名(人に読んでもらいやすいように)
  • オリジナル感(ブランディング)
  • お店の内容にあっている名前(フランス料理ならフランス語をつかうなど)

などがありますが、

これに加えてちょっとおしゃれで、意味のある個性的な名前を選びたいですね。

カテナ
カテナ
お店の看板となるネーミングを最初にしっかり考えるのはとても大事

実際にフランスにあるレストランの名前などの例を挙げながらお店のネーミングの方法について紹介していきます。

 

 

店のロケーションを関係付けたネーミング

La Table du 53

パリにあるフランス料理のレストラン【La Table du 53】

53というのはお店がある場所の番地です。

La Table du(ラ・ターブル・ドゥ)は、「〜のテーブル」という意味。

フランス語で「53番のテーブル」ということで、フランス料理のお店なんだなとわかります。

なおかつカジュアルな雰囲気も感じられるネーミングで、気軽に行けそうなビストロなどにぴったりな店名です。

「53番」というのも他のお店の名前と被りにくく差別化しやすいので、お店のオリジナリティを出せ、覚えやすいです。

カテナ
カテナ
La Table du 53は、パリの隠れ家的なカジュアルレストランです

La Table du 53

住所:53 Passage des Panoramas, Paris, 75002, France

 

パリのレストランのおしゃれなネーミングの仕組み

Le Cinq

ミシュランの3ッ星レストランの1つである、【Le Cinq(ル・サンク)】

こちらもお店のロケーションが名前の由来となっているようです。

Le Cinqは、Avenue George-V(アヴェニュー・ジョルジュ・サンク)通りにある、超高級3つ星レストランでフォー・シーズンズ・ホテルに併設されています。

Cinq(サンク)は、フランス語で数字の5という意味。

場所のストリート名George-Vにある「V」これはV(ヴイ)ではなく、ギリシャ数字の「5」でCinq(サンク)と読みます。

カテナ
カテナ
ここはもう、地名の書き方からおしゃれ過ぎ!

シャンゼリゼ通りから、ルイ・ヴィトンの店の前の道を一本入った、超高級ブティックが並ぶジョルジュ・サンク通り。

お店の中のゴージャスさも半端なしですね。

Le Cinq

31 avenue George-V, Paris, 75008, France

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Le CINQ(@lecinqparis)がシェアした投稿

Côté Lac

Côté Lac(コテ・ラック)は「池のほとり」という意味。

Côté(コテ)は、「〜のそば」という意味なので、 Lac(ラック)「池」だけでなく色々な単語に置き換えて使えます。

Côté Lac

2 place de Paris, Schiltigheim, 67300, France

 

オーナーやシェフの名前を使ったネーミング

Odette

シェフやオーナーの名前などをそのまま使うネーミングです。

OdetteやAntoineなどファーストネームをお店の名前に冠したところは非常に多く、「Alain Ducasse」など姓と名をフルで使うとより改まった感じになり、Liliなど短めの名前やあだ名にするとモダンでカジュアルな印象を受けます。

日本人初のフランスでの3つ星フランス料理店のシェフ、小林圭さんのお店もシンプルに「Kei」ですね。

もし「Kei Kobayashi」としてしまうと「日本料理かな?」とも思ってしまうのですが、シンプルに「Kei」としたことで、完結でとてもおしゃれな印象があります。

フランス人の名前ならそのまま、「Dominique Bouchet」や「Alain Ducasse」などとつけてもフランス料理感がでるのですが、日本人の名前だとどうしても日本ぽっさが出てしまいます。

Odette

25 rue du Pont-Neuf, Paris, 75001, France

 

created by Rinker
ぴあ
¥2,090
(2020/12/03 23:12:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

Chez Michel

フランスのカフェやレストランの名前でよく使われるのが、「Chez〜(シェ〜)」というやつです。

Chez〜(シェ〜)は、「〜の家」というような意味で、その後にシェフの名前などが来るお店が多いです。

日本人なら短めのファーストネームに「Chez〜(シェ〜)」をつけてみてもいいかもしれません。

例えば、「Chez Yoshi」とか「Chez Aya」など…

Chez Michel

10 Rue de Belzunce, 75010 Paris,

 

 

Le Jardin d’Alice

オーナーなどの名前を入れるやり方はいろいろありますが、Le Jardin de〜(ル・ジャルダン・ドゥ〜)「〜の庭」という単語もよく使います。

Le Jardin d’Alice(ル・ジャルダン・ダリス)は「アリスの庭」ということです

Le Jardin d’Alice

1098 route de Lillers, Busnes, 62350, France

店名のように庭とテラスの美しいレストランですね。

 

 

印象的でおしゃれなネーミング〜その他

Le Petit Thierry(ル・プチ・ティエリー)

Le Petit Thierry(ル・プチ・ティエリー)は「ちいさなティエリー」という意味ですが、フランス語でプチを使った場合、単に大きさが小さいという意味よりも「かわいらしい〜」というような意味合いになります。

カテナ
カテナ
このプチという単語をつけるとかわいくってちょっとおしゃれな響きを感じるんですよね

こちらはカジュアルな地方のレストランです。

Le Petit Thierry

135 rue de France, Sarreguemines, 57200, France

 

Le Jardin Secret(ル・ジャルダン・スクレ)

Le Jardin Secret(ル・ジャルダン・スクレ)は「秘密の花園」。

童話の物語もあいまってファンタジックでおしゃれな印象のネーミング。

レストラン以外にもブティックなどのお店にも使える名前ですね。

Le Jardin Secret

32 rue de la Gare, La Wantzenau, 67610, France

 

テラスや庭がおしゃれなパリのレストラン

Aux Enfants Gates(オ・アンファン・ガテ)

Aux Enfants Gates(オ・アンファン・ガテ)は、パリ14区にあるレストランの名前なのですが「甘やかされた子供たちへ」というような意味。

甘くてとてもおいしいものを食べさせてくれるかのような感じがしませんか?

Aux Enfants Gates

4, rue Danville 75014 Paris

公式サイト:http://www.auxenfantsgates.fr

 

À Table(ア・ターブル)

À Table(ア・ターブル)は、「テーブルで」という直訳ですが、「さあいただきましょう」というような意味です。

この名前をつけたら、やはりレストランだなとわかるネーミングです。

メッツの人気カジュアルレストランです。

À Table

20 rue Vigne-Saint-Avold, Metz, 57000, France

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Restaurant “A Table” – Metz(@restaurantatablemetz)がシェアした投稿

 

Le K(ル・カ)

非常にシンプルにイニシャル1文字だけを使うのもおしゃれですね。

Le K (ル・カ)などは、「K」という頭文字が何なのか想像をふくらませますが、短くて印象に残る良いネーミングだと思いませんか?

他のアルファベットでも応用が効きますね。

イニシャルが「Y」なら「Le Y (ル・イグレク)」、「H」なら「Le H (ル・アッシュ)」など。

カテナ
カテナ
すごくシンプルでおしゃれなネーミングです!

Le K (ル・カ)は、Le Domaine de la Klaussというホテルに併設のレストランなのでこの名前になっているようです。

Le K

2 impasse du Klaussberg, Montenach, 57480, France

 

 

カテナ
カテナ
これら以外もまた見つけたらブログに追加しますね!

今はまだ無理ですが、はやく安心しておしゃれなカフェ巡りをしたり、新しいレストランの開拓などしたいですね。

関連記事