MENU
フランス語

帰国生の大学受験【フランス語の検定試験(仏検、DELF・DALF)】を利用する方法がおすすめな理由

非英語圏の帰国受験
ミルキー
ミルキー
仏検受けたことある?
カテナ
カテナ
実はないのよね。あまり必要性を感じなくって…

でも子供達には受けさせてるよ!日本は検定試験が大事だってことがわかってきたから…

 

フランス語の検定試験で受けておきたいもの

 

カテナ
カテナ
フランス語圏からの帰国生の方!

フランス語を勉強していて大学受験でフランス語を使用したい方

仏検」もしくは「DELF・DALF」を早めに受けておくことをおすすめします。

仏検(実用フランス語技能検定)ってどんな資格?

 

仏検は、公益財団法人フランス語教育振興協会が実施する、日本人学習者を対象として、文部科学省の後援を受けて実施されるフランス語の技能検定試験です。

『仏検』の通称で知られ、初学者から受けやすい試験です。

受験級は7段階に分けられ、準2級から二次試験(口頭試験)が実施されます。

大学の受験資格として採用しているところが多くなってきました。

カテナ
カテナ
日本でしか通用しない検定試験だけど、大学受験には超重要!

DELF・DALFってどんな資格?

 

DELF・DALFとは、フランス国民教育省が認定した唯一の公式フランス語資格(ディプロム)です。

DELF(A1、A2、B1、B2)・DALF(C1、C2)の6つのレベルがあります。レベルごとに聞き取り、読解、文章作成、口頭表現(面接)の4つの能力が評価されます。

DALF C1を取得するとフランスの大学の学部に入学する際に義務づけられているフランス語能力評価の各種試験が免除されるなど、フランス語圏の高等教育機関でも広く認可されている検定試験です。

カテナ
カテナ
フランスへの留学を考えている人はこっちね
created by Rinker
¥4,452
(2020/10/01 17:00:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

哲学者
【国際バカロレア】とは全くの別物【フランスのバカロレア】哲学が必修フランスのバカロレアは、フランス教育省が発行する中等教育レベル認証(高校卒業認定)の国家資格です。 遡ること1808年にナポレオン・ボナパルトによって導入されています。 フランスでは、バカロレアを所得すれば、原則どこのフランスの大学へも入学できる資格を得たということになります。...

 

 

なぜ早めにフランス語の検定試験をうけておくと良いか

 

大学受験の外国語検定利用試験に早めに備えられる

 

早めに受けておいてくださいといった理由は、フランス語検定試験の資格に有効期限がないからです。

大学受験を踏まえてお話ししています。

大学入試の英語外部検定の利用率は年々増えてきています。

英語外部検定利用入試では、

「英検は、xxxx年度第1回以降の合格資格のみ有効とします」

などの条件が付くことが多いです。

TEAPは、高校3年生のうちに受験したものでないと認められなかったります。

2020年度(2020年1月)から導入される「大学入学共通テスト(共通テスト)」では、段階的に英語の試験は民間資格・検定試験に一本化する方針が発表されています。

共通テストで使用される英語の民間の資格・検定試験については、その活用を支援するため「大学入試英語成績提供システム」が設置される予定で、成績提供システムに参加する資格・検定試験の受検者は、高校3年生以降の4月~12月の間に受検した2回までの資格・検定試験の結果が大学に提供されます。(大学入試センターの公式サイトより)

 

大学入試では、英語外部検定の受験は必須になってくると思われますが、高校3年生になってからあらゆる英語検定に挑戦していかなければならないわけです。

余裕をもって高校1、2年生のうちに受けておくということができないようになってくるようです。

カテナ
カテナ
高校3年になってから合格しないといけないなんてプレッシャー!

でも仏検利用での大学入試はそういう期限が設けられていません

フランス語ができる場合は、早めに検定試験を受けて資格を取っておくことをおすすめします。

ミルキー
ミルキー
時間に余裕があるうちに仏検は取っておくべきってことね

(*全ての学校の受験制度を確認したわけではないので、出願される場合は、必ずご自身で早めに確認してください。)

大学入試制度は年々変わっていて、大学によっても変わります。

個々の大学のホームページで確実な情報をつかんでいってください




仏検3級のレベル

仏検3級の合格は、それほど難しくはありません

仏検公式サイトには以下のように目安が書かれています。

【仏検3級レベル】

フランス語の文構成についての基本的な学習を一通り終了し、簡単な日常表現を理解し、読み、聞き、話し、書くことができる。

標準学習時間:

200時間以上(大学で、第一外国語としての授業なら1年間、第二外国語として週2回の授業なら2年間の学習に相当。一部高校生も対象となる。)

フランス滞在経験のある帰国生、高校でフランス語を勉強していた受験生は十分に合格できるレベルです。

 

フランス語ラジオ
クリック1つでフランスにいる気分!現地ラジオ局の放送が聞けるおすすめインターネットラジオ3ジャンルフランス語の聞き取りに便利。現地の気分を満喫できるオンラインのフランスラジオ局。...

 

 

フランス語の検定資格が使える大学の例

 

例えば中央大学の文学部・経済学部・商学部の「フランス語特別入試」には、「仏検3級以上取得者 またはDALF(フランス国民教育省認定フランス語資格試験)の DELF A2以上合格者」という出願条件があります。

「フランス語特別入試」は、帰国後何年かたってしまって帰国生入試の資格を失った受験生でも受験できます。帰国生でなくても高校でフランス語をしっかり勉強してきた受験生にもオススメの入試です。

フランス語特別入試の良い点

試験科目が少ない(小論文と面接だけなど)

試験日が早い(試験日程は9月か10月ごろ)

カテナ
カテナ
私立大学の一般入試が2月に集中していることを思えば、10月くらいに1つ受験できるということは悪くないわよね

これ以外でもフランス語を一般入学試験の外国語の選択肢の1つとしているところはたくさんあります

私立上位難関校の早稲田大学、上智大学、明治大学では一般入試の外国語の選択としてフランス語が選べます

慶應大学は、外国語の試験科目として「英語とフランス語」が選べます。英語の試験にプラスαでフランス語が追加された試験です。

多くの学校で採用している「センター利用試験」の場合、センター試験でフランス語を選択して受けた結果を使えるところがかなりあります。

 

センター試験で英語以外の外国語で受験できる私立大学フランス語ドイツ語受験
外国語を英語以外で受けて出願できるセンター試験利用入試今年のセンター試験まであと1週間をきりました。 センター試験では外国語として、英語以外にフランス語、ドイツ語、中国語、韓国語が選択...

 

 

文法
バイリンガルの子がセンター試験のフランス語の問題で間違えて【200点満点を逃した1問】フランス語と日本語のバイリンガルが、大学入試センター試験外国語英語以外フランス語の過去問を解いてみてだだ1つ間違えた問題の内容について詳しく説明します。センター試験から大学入学共通テストに変わってもフランス語でのテストは受けられます。...
関連記事