MENU
フランス語

【フランス語単語&フレーズまとめ2】必ず使う定番あいさつと便利フレーズ

フランス語フレーズ
カテナ
カテナ
フランス人はプライドが高くてフランス語が一番だと思っているからフランス語ができないと旅行も大変なんじゃないかと思っている人多そうですよね
ミルキー
ミルキー
パリの観光地や有名なお店は英語で話してくれるでしょ?
カテナ
カテナ
人にもよるよね。英語が得意なフランス人は喜んで英語で話してくれる。
ミルキー
ミルキー
でも基本的なフレーズはフランス語で言えるように勉強していった方がいいんじゃないかな。こちらがフランス語で話せば相手は喜んでくれるし

これだけは覚えないわけにいかない挨拶フレーズ

 

じゃあ早速、必ず使う挨拶フレーズから

カタカナで書くと、得に「ル」は日本語の「ル」とは全く違うので、「ボンジュール」をそのままカタカナ通りに言ってしまうのはちょっと…

最後の「ル」は、うがいするように喉から音を出すイメージなのですが、難しいので「ウ」を声を出さないレベルで言うような感じが近いと思います。

「ボンジュー(ル)」は「ボンジューゥ」みたいな感じかな。

会った時の挨拶

Bonjour(ボンジュー(ル)):おはよう/こんにちは

Bonsoir(ボンソワー(ル)):こんばんは

Bonne nuit(ボンニュイ):おやすみなさい

Salut(サリュ):カジュアルな「こんにちは」

Vous allez bien? (ヴザレビヤン):お元気ですか?

Ça va?(サ ヴァ):カジュアルな「元気?」

カテナ
カテナ
Ça va?はすごく便利!「Ça va?」と聞かれたら、答える時にも「Ça va.(元気だよ)」と使えるんです。
カテナ
カテナ
サヴァ〜?
ミルキー
ミルキー
サヴァ

別れる時の挨拶

Au revoir(オールヴォワー(ル)):さようなら

À bientôt(アビエント):またね

Bonne journée(ボンジョーネ):良い一日を!

Bonweek-end (ボンウィケン):良い週末を!

カテナ
カテナ
別れる時にさようならではなくBonne journée、良い一日を!を言うとスマートですね

感謝を伝える時

Merci(メルシー):ありがとう

Merci Beaucoup(メルシー・ボクゥ):ありがとうのさらに丁寧な言い方

カテナ
カテナ
お店などに入るときは必ず、Bonjour。これ大事!定員さんもBonjourと言ってくると思うので、何にも返さないのは失礼ですよね。

出る時には必ずMerciといいます。お店の人ではなく、お客さんがお礼を言うのはフランス流。特に買わないで出る場合、「見せていただいてありがとう」ということです

De rien(ドゥリエン):どういたしまして

 

 

謝る時

Excusez-moi(エクスキューゼモア):すみません

カテナ
カテナ
これさえ言っておけば間違いないです。人に何か聞くときの「すみません!」、申し訳ないと言う意味の「すみません」の両方のニュアンスで使えます

Pardon(パードン):失礼します/失礼しました

ミルキー
ミルキー
Pardonも便利!Excusez-moi(エクスキューゼモア)の発音が難しかったらこれでもOK!
カテナ
カテナ
「パードン」はすっごく使いました。

日本に帰ってきた時、人に「すみません」じゃなくて「パードン」とか自然に言っちゃって恥ずかしかった…

Je suis désolé(ジュスゥイデゾレ):残念です/ごめんなさい

カテナ
カテナ
Excusez-moi とPardonとはちょっとニュアンスが違います。Je suis désolé(ジュスゥイデゾレ)は、「残念」「申し訳ない」と言う意味です

 

 

 

本当によく使う万能フレーズ

S’il vous plaît/SVP(シル・ヴ・プレ): お願いします

何か頼む時、聞くときは必ず後に「シル・ヴ・プレ」をつけてください。

「Une baguette, SVP(ウヌ・バゲット シル・ヴ・プレ):パンください」のように何か欲しいものの単語のあとにつけるだけで、「〜ください」と言う意味で使えます

呼びかける場合に「すみません」としても使えます

ウェイターさんにきて欲しいときは「SVP(シル・ヴ・プレ)」です。

カテナ
カテナ
L’addition SVP (ラディッション・シル・ヴ・プレ):お会計お願いします

Non merci (ノン メルシィ):いいえ結構です

断るとき、「Non(ノン):いいえ」だけだと非常にぶっきらぼうです。

必ずMerciをつけていいます。英語の「No,thank you」と同じです。

カテナ
カテナ
何か売りつけられようとしたとき、断るのが苦手な日本人、「Non merci (ノン メルシィ)」はきっぱりと言ってはっきり断った方がいいですよ!

D’accord (ダコー):了解!/OK!

D’accord もよく使います。

会話の途中で相槌を打つ時とか、何か頼まれた時。

日本語で「オッケー」というシチュエーションならほぼ使えます。

Pardon?(パードン?)Comment?(コモン?): 何ですか?(聞き返す時)

フランス語が聞き取れないときに使えます。

Pardon?で大丈夫ですが、Comment?だととても丁寧です。

ミルキー
ミルキー
お上品なマダムはかならず Comment?(コモン?)

Je ne comprend pas(ジュヌ・コンプロン・パ) :分かりません。

フランス語がわからなくて聞き返しても、返ってくるフランス語が聞き取れない、聞き取る自信が無い場合はこちらで。

わからないって言ってるのに、弾丸トークをあびせてくるフランス人もいるとは思いますが…

Je ne parle pas français(ジュヌ・パールパ・フランセ): フランス語は話しません。

わからないって言っているのに容赦ない場合はこちらで…

カテナ
カテナ
フランス語ができないころよく使ってたフレーズです!

 

created by Rinker
¥1,320
(2020/10/01 23:06:26時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事