MENU
美容

【比較】日本とフランスの【VIO医療レーザー脱毛】に実際に行ってみた

美しい肌
カテナ
カテナ
みなさんVIO脱毛に興味がありますか?

興味があるのならぜったいおすすめなので早くやったほうがいいですよ!

私はフランスに住んでいた時に脇とVIOの脱毛を医療レーザーでやりました。

ビキニ
海外では当然の【VIO脱毛】どれか迷ったらおすすめは医療レーザー脱毛脱毛事情は、海外の国でもそれぞれ少しづつ違うようです。アメリカではVIO脱毛は常識。フランスでも人気です。...

 

医療レーザー脱毛は、人にもよりますが、5〜8回ぐらいで効果があるといいます。

私はフランスで4〜5回通って、ほどんど生えてこなくなったのですが、まだ少し残っていて、それを綺麗に仕上げたくて、日本のクリニックの3回コースに申し込んでいます。

具体的にお話ししますね。

フランスのVIO脱毛事情

 

VIOの脱毛のことを「maillot(マイヨ)」といいます。

「マイヨ」は水着のことなのですが、ビキニなどを着る場合、アンダーヘアの処理は大事ですから、そこからきた単語でしょうか。

完全に全て剃ってしまわずに、少しだけ好きな形に毛を残すやり方も人気があります。

水着で隠れる前の部分を少しだけ残すのに、マイヨのいろいろな形があります。

マイヨの形の例

classique (クラシック): 逆三角形の自然なスタイル

brésilien(ブラジリアン):小さい下着向けの表面積の少ない逆三角形

ticket de métro(チケ・ドゥ・メトロ):地下鉄切符のような長方形

américain(アメリカン):地下鉄切符よりも細めの長方形

intégral(アンテグラル):毛を残さないでツルツルにする

personnalisé(パーソナリゼ):好きな形に毛を残す

フランスでは、他の部分はやらなくてもVIO脱毛をするというくらい、気をつけている人が多いと思います。

VIO以外のムダ毛は毛の色が薄いとそんなに目立たないので気にしない人が多いのかもしれません。

25歳以下の女性の半数ぐらいはVIO脱毛をしているという調査結果もあります。

衛生的にも良いですし、水着からはみ出ると恥ずかしいし、なによりパートナーのためのエチケットだと思っている人が多いです。

男性もアンダーヘアを処理している人は多いんですよ!

 

 

フランスで医療レーザー脱毛してみた

 

私が通っていたのは、美容学、血管学が専門の個人ドクターのところです。

肌のレーザー治療や血管治療などを専門としていて医療レーザー脱毛や美容的な外科治療も行なっているところです。

フランスでも日本でも医療レーザー脱毛は、資格がないと行えないので医療機関での処置となります。


フランスの医療レーザー脱毛の流れ

 

カテナ
カテナ
女性のドクターでとても評判の良いところでした

予約日の1〜2日前に脱毛箇所をカミソリで剃っておきます

ワックス等での処理では毛根から抜けてしまうのでだめです。

毛根にレーザーを当てるので残っていなけれななりません。

麻酔用のクリームをあらかじめ処方されているので、予約の1時間前に塗っていきます

クリームは厚めに塗ってラップなどをしてその上に洋服を着ます。

クリニックでの施術の直前にクリームをとります。

カテナ
カテナ
麻酔クリームを1時間ほど塗っておくと、塗った部分がちょっと痺れたような感じになります

レーザーから目を守るためのメガネをかけて施術開始。

弾くような痛みはありますが、耐えられないようなものではありません。

施術は両脇とVIOで1時間ぐらい。

施術終了後、そのまま帰宅。

保湿クリームを処方されるので塗っておきます。

1週間ぐらいすると毛が抜けてきます。

医療レーザー脱毛は6〜8週間くらいの周期でこれを繰り返し、5回目以降くらいからほとんど生えなくなってきます

毛根の生えてくる周期があるので、休眠期の毛根が再活動する周期を考えると5回の治療はマストになってきます。

 

 

日本の医療レーザー脱毛

 

フランスでやった部分の仕上げというか、まだ少しだけ生えてくる部分があるので、日本に帰ってきてから、医療レーザー脱毛をしてくれる美容クリニックに行ってVIO脱毛をしてもらいました。

後1、2回やれば完璧かなと思ったのですが、3回セットで安いプランを見つけたのでそちらで申し込みました。


フランスと日本の医療レーザー脱毛の違い

フランスと日本の医療レーザー脱毛の施術方法の違いについてまとめました。

日本では、麻酔クリームは処方されない

 

麻酔クリームは処方されないので、使わないですが、結果、使っても使わなくても痛みはそれほど変わらないと思いました。

輪ゴムで弾くような痛みで、大したことはないので、麻酔クリームはなくても大丈夫です。

カテナ
カテナ
麻酔クリームあまり効果がない気がするけど、痛いのが怖いという人は気休めくらいにはなるのかしら

日本の方が施術が丁寧

 

アンダーヘアの脱毛のことを日本ではVIO脱毛といいますが、フランスではVIOとは言わずマイヨと言い、3つの部位を明確には区別しません。

カテナ
カテナ
フランスではマイヨの形は聞かれましたが、VIOの部位を明確に分けていないので、案外適当です(笑)

照射もれもあったと思います。

日本だと、V.I.Oそれぞれきちんと丁寧に処理してくれます

処理の後にはすぐに保冷剤で冷やしてくれますので、処置後のほてりなどもほとんどなかったです。

日本の方が安い

 

フランスで行ったところは、一回の施術に25000円くらいかかります。

日本の美容クリニックでは、3回のVIO脱毛と脇の脱毛で40000円くらいのプロモーションがありました。

VIO5回の施術だと、90000円以下でやってくれるところもあります。

VIO以外も組み合わせてセットで申し込むとお得なプランもあります。

 

 

まとめ

 

日本での医療レーザー脱毛をお勧めします!

日本の美容クリニックは、機器も新しく、1つの種類だけでなくより痛みの出ない機械なども導入しているところがあります。

日本の医療レーザー脱毛のメリット

施術がとても丁寧

プロモーションがあり、費用が安い

レーザー機器の種類が選べる

 

おすすめの医療レーザー脱毛があるクリニック

 

カテナ
カテナ
医療脱毛を専門としている美容クリニックがおすすめです!

レジーナクリニック(超おすすめ!)

医療脱毛専門のレジーナクリニックのVIO脱毛は、5回で84000円(税別)です!


レジーナクリニックは、3つの日本初を取得した医療脱毛器!【ジェントルレーズプロ】を導入!

  1.  日本初の新医療機器レーザー(皮膚・形成外科領域)
  2.  日本初の脱毛用レーザー
  3.  日本初の美容医療機器

【レジーナクリニックのジェントルレーズプロはここがすごい!】
■大口径スポットでハイスピード照射
最大18mm径のスポットサイズを標準装備しており、また繰り返し周波数を2Hzにすることで、全身脱毛の施術時間を短くすることができます。

■肌に合わせたカスタマイズ設定が可能
レーザーのパルス幅(照射時間)を調節できる機能を有し、患者さんの肌質や毛質に合わせた設定で安全な施術が可能です。

■ダイナミッククーリングディバイスで皮膚冷却
皮膚冷却装置を内蔵し、レーザー照射直前に-26℃の管財を皮膚表面に吹き付けることで、皮膚を安全に保護します。

VIO脱毛はレジーナクリニックへ


 

リアラクリニック (おすすめ!)

リアラクリニックVIO脱毛は、5回で88000円(税別)です!

日焼け肌でも施術可能!
施術時間が短い!40~60分
乗り換え、学生割引あり!
女性専用、完全個室
みんなが気になる痛みがかなり少ない!

リアラクリニックの予約はこちら


 

アリシアクリニック

店舗は池袋駅から徒歩3分、新宿駅より徒歩4分 銀座一丁目駅より徒歩1分
原宿駅より徒歩4分、横浜駅より徒歩2分
清潔感あふれるクリニック
プライバシーを重視した完全個室制

 

カテナ
カテナ
どのクリニックもまずは無料カウンセリングから!

無料カウンセリングで実際来院してクリニックを自分の目で確かめ、専門家の意見をしっかり聞いて決めましょう!