旅行

パリ【ドラッグストアコスメ】がおすすめ【シティファルマ】で買える物

フランスの薬局

フランスで、女性が化粧品を買う場合どこで買うことが多いと思いますか?

日本のようなブランド化粧品をずらりとおいてあるデパートは、パリには何軒かありますが、客は旅行者が多い感じです。

スーパーマーケットでも化粧品は買えますが、人気があるのは以下の2つだと思います。

ドラッグストア

セレクトショップ

まずスキンケアを重視した基礎化粧品は、ドラッグストアで買うことが多いです。

その他、香水や口紅などのコスメグッスを買うときは、セフォラ(Sephora)などのコスメのセレクトショップで買うことが多いです。

今回は特にドラッグストアについてご紹介していきます。

カテナ
カテナ
ドラッグストアは、いかにも肌によさそうなクリームや体によさそうなサプリメントなど品揃えがすごくてつい見て回っちゃうのよね

 

ファルマシー(Pharmacie):薬局

 

ドラッグストア:【ファルマシー(Pharmacie)】はフランス全土どこにでもある「薬局」なので、どこの街角でもすぐに見つかります。

フランスは、古くから医薬分業制をとっていて、医者から出された処方箋をもっていって薬局で買うシステムになっています。

また、フランスでは医者にかかるにはまず予約を入れないといけないことが普通で、すぐに予約が取れないこともあります。

処方箋なしで買える薬も多いので、薬局に行けば薬剤師が症状を聞いて薬を勧めてくれます。

写真のようにどこの薬局も緑色の十字マークがついているので、誰でもすぐにわかるようになっています。

緑色の十字マークを目印に探してみてください。

 

緑色の「十字」マークに明かりが灯っていれば営業中で、とても目立ちます。

フランスは、普通のお店はどこも日曜日が休みのところが多く、薬局も日曜日には閉まってしまうのですが、急に熱が出たりなど、薬が必要になることもあるので、地域で持ち回りでどこかの薬局が日曜営業するようなシステムをとっています。

 

シティファルマ:パリのドラッグストア

 

パリの観光客に有名なのは、シティファルマ(Citypharma)という薬局です。

パリのドラッグストアならどこでも豊富な品揃えのスキンケア化粧品が購入できますが、シティファルマだと、外国人観光客の間で有名なので免税手続きをするのに慣れているのでおすすめです。

シティファルマ公式サイト

住所:26 rue du Four 75006 Paris

最寄駅:サンジェルマンデプレ駅

営業時間 : 8h30 – 21h(月ー金)9h – 21h(土)

定休日:日曜日

 

フランスでの免税手続き

 

EU加盟国では、EU加盟国以外に住む旅行者が、1日1店舗で175ユーロ以上の買い物をした場合に免税の手続きができることになっています。

175ユーロ以上購入したら、お店の人に次のように言って免税手続きの書類をもらいましょう。

Détaxe s’il vous plait (デタックス スィル ヴ プレ):「免税お願いします」

カテナ
カテナ
自分が旅行者だと証明するのにパスポートを見せなければならないので忘れないでね!

 

フランスの薬局で買えるもの

 

皮膚科医も勧めるスキンケア化粧品

 

フランス人はスキンケアコスメやシャンプーなどを薬局で買う人が多いです。

フランスの水は硬質で肌や髪にはあまりよくありません。

私も乾燥肌で敏感肌だったので、薬局のスキンケア化粧品にはよくお世話になりました。

ブランドもたくさんありますが、有名どころとして…

敏感肌用スキンケア

Avène(アベンヌ)

ビオデルマ(BIODERMA)

LA ROCHE-POSAY(ラロッシュポゼ)

VICHY(ヴィシー)

Dexeryl(デグゼリル)

ほとんどは日本でも購入可能になっていますが、やはりフランスで買ったほうがお安く購入できます。

Dexeryl(デグゼリル)はまだ日本では未発売ではないかと思います。

超乾燥肌向けのクリームが有名で、皮膚科の医者から勧められて購入したことがありあります。

Avène(アベンヌ)はやはり、つけごこちが優しい感じで、顔用のクリームなどずっと愛用しています。

敏感肌用にアベンヌ温泉の水を由来に作られていて、まず副作用が出ない安心感があります。

created by Rinker
アベンヌ(Avene)
¥2,400
(2020/10/01 11:18:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

ラロッシュポゼビオデルマなども日本でも購入できますが、フランスの方が安いし、色々な種類があります。

時々プロモーションをやっていて、おまけに小瓶のクリームがついていたり、2つ買うと1つ無料みたいなキャンペーンをやっている商品もあるので、一度のぞいてみてください。

 

NUXE美容オイル
パリ発自然派美容オイルNuxe【ニュクス】で肌と髪の贅沢ケアNuxe(ニュクス)は、1989年にアリザ・ジャベスという女性起業家がパリで立ち上げたブランドです。 植物エキスとエッセンシャルオイルをベースとした自然派コスメ「ニュクス」。 中でも有名なのは プロディジューオイル(Huile Prodigieuse)。...

 

ばらまき土産用ソープやリップクリームなど

 

薬局には日本のように食料品や洗剤などはほとんどおいていないのですが、すごく体によさげなハーブティーだとか、サプリメントなども豊富に取り揃えられています。

サプリメントも日本で買うよりだいぶ安いんじゃないかな。

リップクリームや石鹸などもパッケージの可愛いものはバラマキ土産にもおすすめです。

エッフェル塔キーホルダー
フランス【パリ】旅行で買いたい手軽なお土産【主にばらまき用】10選パリだと観光客向けの土産物屋がたくさんあります。安いものだと0.5ユーロくらいから。 エッフェル塔のキーホルダー。サボン ・ド・マルセイユ。ラベンダーの匂い袋。ハーブ。モノプリ のエコバック。。。...

 

関連記事